ダウンロード



地域・宗教・立場の違いを理解し、
  贈る気持をなによりも大切にして、失礼のないように気をつけましょう。

  水引飾りのついた金封などは、毛筆体を用いるのが礼儀です。
  お祝いなど贈る言葉と、氏名などの書体は同じ書体を使います。

  色は、慶事にはお祝いの気持ちを表すために、濃くはっきりと書きます。
  弔事には、やや薄い墨色で書きます。

  書体は、楷書で丁寧な気持ちを表します。


る言葉(御祝・御見舞いなど)は、結びより上段、中央に書きます。
送る側の姓名は、下段中央に、上段の文字よりやや小さめに書きます。


所や、会社名を書き添える場合は、姓名の右側に小さく書きます。
また、連名で贈る場合は2〜3名程度とし、左へ書きすすめます。
勢で贈る場合は、 同級生一同 などと書くか、代表者名を「石川太郎他」と書き、一同の名前を書いた紙をのし袋の中に入れておきます。
額は、のし袋の裏に書きます。
住所を記入しておくと、受け取った側には送り主がわかり、親切です。

婚祝は、「のし」のついた、のし袋を使います。

学祝や出産祝いにも、「のし」のついた、のし袋を使います。
リジナルでデザインしたものを使うことがあります。
  「のし」のかわりにリボンや花を利用してもいいでしょう。


見舞いは、赤いラインの入ったのし袋を利用しますが、「のし」はつけません。

式、神式、キリスト教式では、表書きがかわりますので注意が必要です。
  「御霊前」は、仏式、神式、キリスト教式の告別式で利用できます。

ページトップへ戻る