社員インタビュー

社員インタビュー

一人ひとりが
活躍できるフィールドを

今村紙工では、社員一人ひとりがそれぞれのフィールドで活躍できてこそ良い商品がお客様へとお届けできると考えています。それぞれの部署の先輩社員にインタビューを行い、今村紙工の仕事について話をしてもらいました。

営業部

営業部

2013年入社

KAWASHIMA DAI

川島 大

Q1.現在の仕事内容は?

主力商品の金封を中心に、文房具の卸問屋・販売店へ商品提案をし、既存得意先の売上UPと新規開拓をする仕事をしています。紙加工製造の専門企業として、他にない商品をご提案し、受注できたときのやりがいは非常に大きいです。

Q2.仕事において苦労したこと
嬉しかったことは?

入社当初に新規顧客の開拓をしていた頃は、なかなか売上を上げる事ができず苦労しました。ただ、先輩や上司の方々からアドバイスをいただきながら徐々に対応力も上がってきたように思います。初めてお客様からご注文頂いたときは、非常に嬉しく今でも鮮明に覚えています。苦労はしましたが、その分学ぶことが多く、今の私の糧となっています。

Q3.今後この会社で何を達成して
いきたいですか?

常に妥協することなく、売上にこだわる事を目標としていきたいと考えています。単月で昨対を落とす事もありますが、年間を通じては必ずプラスで終えるという事を毎年積み重ねていきたいです。また金封に関しては、まず弊社に一番にお問い合わせが入るというような信頼される会社になっていきたいです。

Q4.学生や就活生の方にメッセージ

業界トップクラスの当社ではスケールの大きな仕事ができます。金封は全国どこにでもある商品です。愛媛と東京に会社はありますが、全国様々な所で様々な人と仕事が出来るというのは、非常にやりがいを感じます。難しい事も勿論あり、沢山の努力は必要ですが、回りのサポートを受け楽しく仕事ができる環境だと思います。

営業部の様子1
営業部の様子1
商品部

商品部

2014年入社

KOYAMA RINA

児山 莉奈

Q1.現在の仕事内容は?

私は高校卒業後、地元である四国中央市で働きたいと思い、入社し6年目になります。商品部では、主に金封や封筒などの商品の企画開発に取り組んでいます。入稿データの確認・校正・見積もり、そして新商品のサンプル作成を経て商品化まで、トータルで行うので、紙の種類、デザインなどは見た目だけでなく予算に合わせたものであることも大切です。

Q2.仕事において苦労したこと
嬉しかったことは?

自分が納得のいくデザインが思い浮かばないときは、時間だけが過ぎかなり苦労しています。ですが提案したデザインが採用されたときや、デザインした商品が店頭に並んでいるのを見たり、使っていただいていたりするのを見ると、仕事のやりがいと達成感を感じられうれしく思います。これまでに企画した新商品では「ドレス金封」などがあります。

Q3.今後この会社で何を達成して
いきたいですか?

商品部では私が最年少なので、若い女性ならではの視点を活かした商品づくりに力を入れていきたい、そして今後は頼られる人材になるため自分自身のスキルアップも目指していきたいと思います。入社してからイラストレーターやフォトショップなどを使うようになったのですが、もっとできることを増やして、今後の仕事に活かしていきたいですね。

Q4.学生や就活生の方にメッセージ

社会に出ると、社会人でなければ経験できないことや得られない知識がたくさんあって毎日が発見の連続です。学生時代には得られなかった、大人の中にいるからこその視点で、ものごとを見られるようになってきます。就職活動中は不安なことも多いと思いますが、「自分らしさ」を活かせる企業に出会えることを願っています。

商品部の様子1
商品部の様子2
製造部

製造部

2016年入社

TATSUKAWA SHOTA

立川 翔大

Q1.現在の仕事内容は?

原紙が入荷して最初の加工である断裁(紙を切る作業)を行い、決められた寸法に切って次の工程に渡します。また、紙折機、製袋機の型替え、調整においては商品によって寸法がさまざまなので、その都度型替えをします。生産する製品の種類によって使われている紙が違う為、紙の厚さや紙質に合わせた調整が必要になるので、気を付けて取り組んでいます。

Q2.仕事において苦労したこと
嬉しかったことは?

断裁は、製造における最初の工程なので、全ての製品に必要な作業です。ですからたくさんの仕事が重なることもあります。そういうときは納期がギリギリになり、あまり余裕を持って生産が出来なかったこともあり苦労しました。一方で、経験を積む中で自分が苦手に感じる仕事をミスなく加工が出来たときにはすごく達成感があり、仕事にやり甲斐を感じます。

Q3.今後この会社で何を達成して
いきたいですか?

今、自分がしている仕事はものを作ることです。ものづくりにおいて大事なのは、時間内にどれだけの生産が行えるかだと思っています。その中でもスピードだけにとらわれていたらミスをしてしまう可能性が大きくなります。この二つのことを常に考え、より無駄がなくお客様に喜んでいただけるような商品を作っていけるようになりたいです。

Q4.学生や就活生の方にメッセージ

先輩方はわかないことがあれば丁寧に教えてくれ、仕事以外でもコミュニケーションを取り相談などもできる環境が整っています。自分も入社した時、わからないことばかりで何度も周りの人に助けられました。もちろん仕事もやり甲斐を感じることができますし、その環境が整っている会社だと思います。今では毎日充実した日々を送ることが出来ています。

製造部の様子1
製造部の様子2
総務部

総務部

2007年入社

KAWASHIMA KANA

川島 佳奈

Q1.現在の仕事内容は?

四国中央市の地場産業である製紙業、中でも金封に興味があり、入社して早10年以上になります。総務部の仕事は、電話対応や来客対応、一般事務をはじめ、受注・出荷業務や発注・仕入業務などの営業事務もあります。営業のサポート的存在として、特にお客様からの受注や出荷の対応などは丁寧に、スピーディーに行うことを心がけています。

Q2.仕事において苦労したこと
嬉しかったことは?

とにかく商品の数が多いので、覚えることだらけで当初は苦労しました。ですが、一つひとつ覚えていくうちに、点と点がつながっていくのを感じていけるようになってくると、仕事の面白さを感じられてとてもうれしく感じました。入社時は小さかった子どもたちも中学生と高校生になり、仕事と家庭のバランスもとれてきたかなと感じます。

Q3.今後この会社で何を達成して
いきたいですか?

現在、私は総務部のチームリーダーを務めていますので、チーム全体として成果を出せるよう、仕事のマネージメントに力を入れていきたいと考えています。総務部は明確な売り上げという数字では表せませんが、仕事をする上では常に目標を設定し、モチベーションを高め達成に向けてチーム一丸となって取り組んでいく。その姿勢を大切にしていきたいですね。

Q4.学生や就活生の方にメッセージ

イメージや知名度だけで選ばず、今自分が本当にやりたい事をよく考えた上で、自分と共に成長出来る企業を選ぶことが良いと思います。仕事は続けるうちにだんだん解ってきて面白くなるものです。とりあえずやってみる精神で取り組むのが一番だと思います。不安だらけで大変だと思いますが、失敗も成功も自分の糧となりますので、前向きに最後まであきらめないで頑張って下さい。

総務部の様子1
総務部の様子2
物流部

物流部

2012年入社

ISHIKAWA HARUKI

石川 遥貴

Q1.現在の仕事内容は?

物流部では、出荷作業と在庫管理を主に行います。お客様から受注を頂いた商品の梱包や荷造り、ピッキングを行い出荷します。また、毎日出荷がある中で、在庫の確認を行い、品薄・欠品にならない様に手配指示または発注をかけます。倉庫の管理も含めて、整理整頓を心掛けています。また、輸入コンテナの荷卸しもあります。

Q2.仕事において苦労したこと
嬉しかったことは?

在庫を管理していく中で、動きの読めない新商品や、自分達が考えている以上に物が動く事があります。過剰に在庫を積めば品薄は減りますが、倉庫は一杯になってしまいます。そのバランスは、物流部として苦労する部分ではあると思います。繁忙期や大型連休、正月に向けて出荷の量が普段の数倍にも増える事はありますが、皆で力を合わせて出荷を完了した時の達成感はすごくあります。

Q3.今後この会社で何を達成して
いきたいですか?

自分が入社した時に、何も分からない自分を周りの方達が助けてくれました。今度は、自分が後輩や他の方達を助ける立場になりたいと思っています。これから仕事をしていく中で、商品の種類や在庫も増えていくと思いますが、個人でも物流部としても頼られる存在になっていきたいと思います。

Q4.学生や就活生の方にメッセージ

どのような仕事でも、始めは当然何も出来ないと思いますが、先輩社員が必ず協力してくれます。偉そうな事を言うつもりは全くありませんが、不安な気持ち等は誰にでもあると思います。しかし、自分の中で成長出来たと思う瞬間が必ずあると思います。こういった瞬間を1つ1つ大切にしていくことができれば、日々充実した毎日を送っていけると思います。

物流部の様子1
物流部の様子2